ブログ|南区長丘で歯科・歯医者をお探しの方はまんだい千恵歯科まで

ブログ

2022年 初投稿🐯💗

2022年1月22日

こんにちは 福岡市南区 長丘 まんだい千恵歯科

歯科衛生士の吉瀬です。

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます🙇‍♂️

2022年もよろしくお願いいたします!🙏✨

今年こそは早くコロナが落ち着いて欲しいですね😓

気をつけていきましょう😩🌀

今回は、前々回のブログで登場した、猫の〝てっちゃん〟に引き続きもう一匹、猫ちゃんを紹介させてください🐱💕


名前は〝りんちゃん〟です!

てっちゃんと比べて活発で、甘え上手です✌🏻️´-

てっちゃんと比べるとまだ小さいです🌷.*

これから2匹の成長が楽しみです🎶

またいつかのブログで紹介させていただきます🐈‍⬛🖤

今日は生活習慣と歯周病についてお話します🦷

~喫煙~

煙草に含まれる有害物質が歯周組織の破壊を促進します🦠

~歯ぎしり・食いしばり~

歯ぎしりや食いしばりは歯や歯周組織に大きな力をかけ、歯周病を急速に進行させてしまいます🩸

~肥満・メタボリックシンドローム~

肥満やメタボリックシンドロームの人は歯周病になりやすいというデータがあります📣

~食習慣~

栄養バランスの偏った食事は歯周組織にも悪影響を及ぼします。

また、糖分の高い食べ物はプラークの栄養源となります🍫

~口呼吸~

口呼吸の癖があると、口の中が乾燥してプラークが溜まりやすくなります。

また、唾液による自浄作用がなくなり、細菌の活動性が高まります。💧💦

~ストレス~

精神の緊張状態は体の抵抗力を弱め、歯周病を悪化させると考えられています😵‍💫😵

当てはまるところはありましたか??

歯周病かもしれない、、と不安な方は是非検診に行ってみてください🌷.*

また、歯周病の治療中の方で当てはまる方は、是非意識してみてください🌟

当院では引き続き、コロナウイルス感染対策に伴い患者様に来院時の検温や手の消毒、うがい薬を使用した漱などのご協力を頂いております。院内感染対策に今まで以上に努めておりますのでご不便をおかけしますが、引き続きご協力よろしくお願いします

 

815−0075 福岡市南区長丘5−25−19

歯周病専門医 まんだい千恵歯科

092-408-1947

今年もお世話になりました⛩🌅🎍🐓❤️

2021年12月31日

 

こんにちは 福岡市南区 長丘 まんだい千恵歯科

歯科衛生士の吉瀬です。

2021年もあっという間に終わりを迎えますね🎍✨

最近は毎日寒くて何をするにも寒さに負けてしまいます😂💙

皆様も風邪には気をつけてお過ごしください🍀

今日は噛むことについての豆知識を少しお話します💡

よく噛むことは大切です⚠️🦷

食べ物をよく噛むことは、子供の成長にとって重要であることが指摘されています。

よく噛むことは栄養摂取の面だけではなく、の発育にも好影響を与えます。
最近、日本の食生活が軟らかくなったことから硬い食べ物が苦手な子供が増えています。

この時期から、しっかりと歯と顎を使って食べる習慣をもつことが大切です。

噛めば長生き、良い人生🦔🐾

日本人の平均寿命は、年々延びてきています。

そこで、これからの私たちのテーマは、一生をいかに心身ともに健康で質の高い生活を送ることができるかということです。

口は、栄養を体に取り込む健康の取り入れ口です。歯が無くなって食事が楽しくなければ、とても質の高い生活とはいえません。

また、しっかり噛める事は「がん」を予防したり、認知症を防いだりする事も分かってきています。

逆にむし歯や咬み合わせが悪いことで、全身に悪影響を引き起こす事さえあります。

噛めない(歯の無い)人の認知症は数倍だといわれています。

食べ物を噛むには、顎の関節を大きく動かします。顎の関節のそばには脳に血液を送り込んだり、古い血液を心臓に返す大切な血管があります。

「噛む」・「顎を動かす」ということは、脳に大きな役割のある血管を刺激し、血液の循環を促し、認知症を防ぐことにつながります。
健康な自分の歯を残すことは、食べ物をおいしく食べる秘訣です。逆に歯を失ってしまうと、食欲を低下させるとともに意欲も無くなり、精神的な老化も進みます。

よく噛む子供は頭も良くなるといわれますが、「噛む」ことは脳を刺激するのです!

寝たきりにならないために🦭💦

寝たきりを予防するには、「何でも食べられる」「噛める」ことが第一歩です。「寝たきり」の主要な原因である脳出血は食生活の偏りに関係が深いと言われています。

こうした脳血管疾患などの循環器病を防ぐには、一日にいろいろな食品をバランスよく摂ることが大切です。そのためには何でも噛める口の環境が重要になってきます。 ご自分の歯で何でもよく噛めることは健康の基本、つまり口は健康の入り口です。

ご自分の健康に関心を持っていただき、早いうちから定期検診を受け1本でも多く自分の歯を残す努力をすることが大切です!

お正月は沢山美味しいものをよく噛んで食べましょう!🎍⛩🌅

今年は皆様お世話になりました。

来年もよろしくお願いいたします🙏

良いお年をお迎えください🐯🐯💗

 

815−0075 福岡市南区長丘5−25−19

歯周病専門医 まんだい千恵歯科

092-408-1947

2021年12月30日

こんにちは、福岡市南区長丘 まんだい千恵歯科 歯科衛生士の木下です。

一年もあっという間、年末ですね!🍃
昨日にて今年の診療を無事終える事ができました。今年も一年、ありがとうございました♪

年末に定期検診で来て頂いている患者様とお会いできる時、「今年も無事に1年間に終えましたね〜」という気持ちになり、、、なんだかほっとして個人的に好きな瞬間です☺️❣️プロフェッショナルケアだけでなく、患者様によるセルフケアにて無事に1年過ごせた事に感謝です🦷

昨日の診療終了後は、大掃除をスタッフとお手伝いで来て頂いている学生さんと一緒に行いました🧹✨

自宅の大掃除も少しずつ今月のお休みの日に終わらせていたのですが、ラストスパート!もう少し頑張らねば〜というところです🌸

お掃除はわりと好きなので、気になるところがあるとお掃除の方法を調べたり、色々なお掃除グッズを試したりするのが密かな趣味であったりします😂(笑)

最近、家のお掃除で参考にしているのが『茂木和哉』さんのYouTubeです!お掃除グッズをプロデュースしていたり、お風呂掃除など、色々解説を加えながらお部屋のお掃除方法を動画であげられている方です!
凄く参考になり、我が家のお風呂場も入居当時からカビで真っ黒になっていたところが、真っ白になりました👏
自分のプロデュースのお掃除グッズがあるのに関わらず、市販のお掃除洗剤など、身近のものでのお掃除法を紹介しているので面白いですよ❣️

年末の大掃除などに参考になれば…!
気になる方は是非観てみて下さい😊
オススメです😆
お口の中のお掃除も引き続き、精一杯頑張りますので来年もどうぞ、よろしくお願いします!
良い年をお過ごし下さい♪

当院では引き続き、コロナウイルス感染対策に伴い患者様に来院時の検温や手の消毒、うがい薬を使用したうがいなどのご協力を頂いております。院内感染対策に今まで以上に努めておりますのでご不便をおかけしますが、引き続きご協力よろしくお願いします✨

〒815−0075 福岡市南区長丘5−25−19
歯周病専門医 まんだい千恵歯科
092-408-1947

🌸女性の体の変化と口腔内の変化🌸

2021年12月29日

こんにちは、歯科衛生士の山縣です😊
今日は女性特有の、身体の変化とお口の中の変化についてお伝えしたいと思います。

特に女性はライフステージの各段階において、お口の中に著明な変化が起きやすいという特徴をもっています。

《思春期》🍀
思春期がはじまると性腺刺激ホルモンの分泌が活発になり、この刺激によってエストロゲンやプロゲステロンの分泌が促されます。この時期になるとホルモンの作用により歯茎に炎症が起こりやすくなります。

《月経期》🌼
女性の場合、月経期に歯茎に炎症を起こすことがありますが、多くの女性は歯茎の変化に気づかないことが多いようです。歯茎の炎症から知覚過敏を訴える場合もあります。

《妊娠期》🤰
妊娠期は内分泌のバランスが崩れ、歯茎の炎症、歯肉出血、歯肉の増殖などが、ごく一般的にみられます。またつわりが酷い場合、歯が胃酸により溶かされる酸蝕症という疾患も起こることがあり

《更年期》🌿
この時期には更年期障害とよばれるさまざまな症状がみられますが、口の中にも変化が現れ、歯茎の部分に知覚過敏が起こったり、灼熱感がみられたり、舌痛、味覚障害が生じたりします。
唾液の分泌量も著しく減少し、口腔乾燥症や口臭、入れ歯の維持困難など様々な症状がみられます。

🦷それぞれのライフステージの中で、お口の中に起こりうる問題を、しっかりと把握し、対処する事が大切です❗️
皆さんの今に寄り添いながらサポートできればと考えています😌

1年を振り返って👩‍⚕️

2021年12月29日

皆さん、こんにちは☺️ 福岡市南区長丘 まんだい千恵歯科 院長の萬代です。

今年ももう残り少しとなりました。本日で無事に1年の診療を終えることができましたので1年を振り返ってみたいと思います。

当院も開業して5年となりました✨✨

多くの人が健康に自分の歯で食事のできる人生を送ってほしい、そのためには歯に対する意識を高めていきたいし、より良い治療やメインテナンスを行なっていきたいという思いで開業しました。歯科医師になって、治療しても治療しても歯が悪くなる患者さんが一定数いるのがとても残念でした。長く機能的に、そして見た目にも美しく口腔内が機能するにはどうしたら良いのか勉強し、患者さんにその知識や治療を還元できれば良いと思って日々の診療に取り組んでいます!!

 

今年はスタッフも新しく2名増えました。2名ともママさん衛生士さんです。私も子供を育てながら仕事をしていますので、両立はとても大変だと思います。私も含めスタッフみんなで助け合いながら診療を行なっていきたい。そして私たちは専門職ですので、知識もアップデートしながらもっとより良い治療ができればと考えてます✨

 

今年の院外の活動としては臨床歯周病学会で発表行いました。

重度歯周病の患者さんにリグロスというお薬を用いて歯周組織再生療法を行った症例について発表しました。

当院では歯周病の治療に保険適応の歯周組織再生療法(リグロス)を積極的に取り入れています。もちろん適応症を選ばなくてはいけませんが、とても効果のあるお薬です!

 

また九州大学同窓会では前歯の欠損症例について発表しました。

発表は正直いって得意ではなく緊張しますが💦、今までの症例を振り返って他の先生方に意見を頂いたりアドバイスを頂いたりすることはとても勉強になります。

今回の発表も沢山のフィードバックを頂いたので、とても勉強になりました✨

 

衛生士の木下と吉瀬は歯周病について学ぶために6ヶ月間のベーシックコースに通いました。学んだことは他のスタッフにフィードバックし、さらに診療のレベルアップが出来たのではないかと思います!

 

また来年も患者さんのために医院全体でレベルアップできる様にスタッフ一同精進していきたいと思います。

 

来年もぜひまんだい千恵歯科をよろしくお願いいたします☺️

 

〒815−0015 福岡市南区長丘5-25-19

歯周病専門医 まんだい千恵歯科

092-408-1947

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オススメの乾燥対策🍃

2021年11月30日

こんにちは、福岡市南区長丘 まんだい千恵歯科 歯科衛生士の木下です。

気温もぐんと低くなり冬本番となってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか??

冬といえば乾燥が気になる季節‼️

加湿器を使ったりして対策をしているものの、冬の乾燥は結構厄介ですよね💦

私も最近朝起きた時に口の中の乾燥が酷く、「乾燥の季節だしなぁ〜。加湿もしっかりしているのに。」と思っていましたが、気づかない間に寝ている時に口が開いているようで

寝ている時に口が開いていることが原因だと気づきました!

歯軋り予防の為のマウスピースをつけているので余計口もとも緩みやすのかもしれません。

案外気づかないものですね😅

というものの、寝ている時の無意識のクセ!

寝ている時はどうしようもできません😵‍💫

そこで緩んでいる口元を鍛えるべく!

あいうべ体操2週間やってみることに

あいうべ体操とは小さなお子さんから年配の方までできる口呼吸を鼻呼吸に変えるための簡単なお口の体操です。

【やり方】

①「あー」とお口を大きく開く

②「いー」と口角を思い切り横に伸ばす

③「うー」と口を尖らせて前に出す

④「べー」と舌の先があごの下につくように出す

これを毎日30回繰り返します。続けてやるのが難しい人は10×3セットで分けてもOK🙆‍♀️

なるべく大袈裟にする事がポイントです。

簡単な動作ですがなかなかハードです😅

私はドライヤーで髪を乾かしてる間や、「うー」の動作ははマスクをしている時はわからないので気が付いた時にやってみました!

すると

最近は口が開いていないせいか、朝起きた時に口の乾燥が気にならなくなりました!👏

いちばん驚いたのはコロナ禍になってから何故か寝付きが悪かったのですが、あいうべ体操をし始めてからぐっすり眠れるようになった事です😳✨✨✨

他にも口呼吸から鼻呼吸になる事でウイルスを取り込みにくするので風邪予防になったり、いいことづくしなのでお時間ある時にでも是非やってみてください😊

当院では引き続き、コロナウイルス感染対策に伴い患者様に来院時の検温や手の消毒、うがい薬を使用したうがいなどのご協力を頂いております。院内感染対策に今まで以上に努めておりますのでご不便をおかけしますが、引き続きご協力よろしくお願いします

815−0075  福岡市南区長丘5−25−19

歯周病専門医 まんだい千恵歯科

092-408-1947

寒くなってきましたね💦😖❄

2021年11月7日

こんにちは 福岡市南区 長丘 まんだい千恵歯科

歯科衛生士の吉瀬です。

今年もあと残り少しになってきましたね!

あまりにもあっという間でビックリです😳

段々と寒くなってきたので皆さん体調崩さないように気をつけましょう🍃🍃

今までのブログで犬のバニラと、猫のきなこを紹介させてもらったのですが、もう1匹、紹介させていただきます!🤡

イメージ.jpeg

イメージ_1.jpeg

イメージ_2.jpeg

猫のてっちゃんです😸♥️

まだ1歳ちょっとの赤ちゃん猫なんですが既に

体重が7キロ超えました🤣

3年間ほど赤ちゃんの期間らしく、大人になる頃には

大型犬までとは言いませんがそれくらいまで大きくなるそうです🙉🙉

好奇心旺盛でとんでもなく元気なので

寝てるだけでいきなり足を噛まれたり飛びつかれたりするので痛くてびっくりして叫んでしまいます(笑)

またいつかブログで登場させていただきますので

3匹ともよろしくお願いします🐱🐶🐱🌿🌿

当院では引き続き、コロナウイルス感染対策に伴い患者様に来院時の検温や手の消毒、うがい薬を使用した漱などのご協力を頂いております。院内感染対策に今まで以上に努めておりますのでご不便をおかけしますが、引き続きご協力よろしくお願いします

 

815−0075 福岡市南区長丘5−25−19

歯周病専門医 まんだい千恵歯科

092-408-1947

歯周病学会に行ってきました🦷✍️

2021年10月30日

こんにちは、福岡市南区長丘 まんだい千恵歯科 歯科衛生士の木下です。

随分と冷える季節になってまいりました🍃

一気に寒くなってしまったので、先日バタバタと半袖から長袖に衣替えしたところです👕☀️

コロナウイルスもワクチン接種率が増えたからか、福岡県も感染者が随分と減ってきたようです!

まだまだ年末にかけて油断は出来ないところですが💦皆様が健やかに生活できる兆しが見えてきたようで少し嬉しく思います☺️❣️

10月中旬ですが、ようやく開催された歯周病学会に院長と一緒に参加させて頂きました!


歯周病を主に、様々な日々診療の参考になるような研究発表や教育セミナーなどが行われている講演会です。

名古屋国際センターには初めて行ったのですが、会場も広く複雑な設計をしている建物だったので危うく迷子になりそうでした(^^;)

(中庭にはとても大きな像がありました〜)

開放的で日当たりが気持ち良い会場でした☀️

色々と制限や感染対策をされた中での開催だったので以前ほど混み合ってはいなかったものの、テーマをもとに様々な公演が行われていて、どれも充実した公演ばかりでした👏✨

昭和、平成、令和の時代となり、高齢化も進んで行きます。健康を維持して行く上で歯科も医療と共に更に大事になってきます💪✨

歯だけにとどまらず、お口の中から皆様の身体の健康を維持できるようサポート出来るよう、まだまだ勉強も頑張らないとな〜〜〜!と気合を入れ直すいい機会になりました🌸

医療も日々変わって行きますので、新しい知識も取り入れつつしっかりと日々の診療にて患者様にこれからも還元していけたらと思っております

まだまだ冷えてきますので、皆さまお体にお気をつけてお越しください🎃❣️

当院では引き続き、コロナウイルス感染対策に伴い患者様に来院時の検温や手の消毒、うがい薬を使用したうがいなどのご協力を頂いております。院内感染対策に今まで以上に努めておりますのでご不便をおかけしますが、引き続きご協力よろしくお願いします

815−0075  福岡市南区長丘5−25−19

歯周病専門医 まんだい千恵歯科

092-408-1947

メタボリックシンドローム🏋️‍♀️

2021年10月3日

こんにちは!福岡市南区 長丘 まんだい千恵歯科

歯科衛生士の吉瀬です。

あっという間に10月で今年もあと少しになってきましたね😳

まだまだ夏のように昼間は暑いですが、朝夜は少し肌寒くなってきて秋らしくなってきましたね🥶

秋と言えば食欲の秋です🍁🍄

しっかり栄養とって免疫力upしましょう!🔥︎💪

今日はメタボリックシンドロームについて

お話したいと思います!

~メタボリックシンドロームって何?~

脂質や糖質の多い食習慣、運動不足といった生活習慣を続けていると、徐々に内臓の周囲に脂肪が蓄積していきます💦

過剰となった内臓脂肪からは炎症性物質などが放出されるようになり、その結果、インスリン抵抗性(インスリンの効きが悪くなり血糖値が下がりにくくなる)が、引き起こされて血管の状態が悪化し、動脈硬化の危険因子となる糖尿病や脂質異常症、高血圧症などが重複して生じるようになります。

こうした内臓脂肪型、肥満をきっかけに、動脈硬化のリスクが相乗的に高まっている状態を、メタボリックシンドロームといいます。

~メタボリックシンドロームの診断基準~

内臓脂肪の蓄積の程度を見る「ウエスト(へその高さ)の周囲径」に加え、「血中脂質値」「血圧」「血糖値」のうち2つ以上が一定の数値を超えることが条件になります。